一般社団法人の特徴

法人の入っているビルと入道雲 一般社団法人が行うことができる事業は、何らの制限も受けません。従来は公益目的を有していないために任意団体としてしか活動することができなかった団体でも、一般社団法人設立手続きをすることができるようになりました。それ以前は、町内会やサークルなどは法人登記することができませんでした。そのため、団体が所有する不動産の権利も、代表者名義もしくは構成員全員の共有名義で登記するより他に方法がありませんでした。しかし、一般社団法人化することによって、法人名義での登記手続きが可能になりました。一般社団法人の種類一般的には、非営利団体であることが前提とされている一般社団法人ですが、厳密に言うと、非営利型一般社団法人と、それ以外の一般社団法人とに分けられます。原則的に非営利活動を中心に行うことになっていたとしても...

一般社団法人について

外国法人の入っているビル 一般社団法人とは平成20年12月1日施行の「一般社団法人及び一般社団法人に関する法律」に基づいて設立された法人のことを指します。特徴としては、社名に「一般社団法人」という文字を記載しなければなりません。登記のみで設立が可能で、設立時に特別な条件があるわけでもありません。さらに、事業内容に公益性がなくても設立できるところが従来の社団法人との違いになります。条件がありますが、通常の会社なら法人税がかかるところ、非課税になります。一般社団法人の設立一般社団法人設立の流れは、だいたい株式会社と同じように設立することができます。一般社団法人設立にあたって、まず定款を作成します。定款とはその会社についての重要事項を記載したものです。それから定款認証手続きを行います。これは、定めた定款の内容が法律にきちん...